バックアップ

BackWPupの使い方【WordPressバックアップのやり方】

BackWPupの使い方【Wordpressバックアップのやり方】

こんにちは。ミタロウです。

今日はプラグイン「BackWPup」を使ってWordpressサイトのデータをバックアップする方法を解説します。

 

使い方は簡単です。

 

自動バックアップしてくれるプラグインなので、最初に一度設定してしまえば後はほったらかしでも大丈夫です!

「BackWPup」で設定したバックアップスケジュールで自動的にバックアップし続けてくれます。

もちろん手動でバックアップしたい時にバックアップをとる事も出来ますのでそちらも合わせて覚えておくと良いと思います。

有料のバックアップソフトが多い中、BackWPupは無料で使えます。

有料版もあるのですが、無料版で十分です。それでも十分な機能を備えています。

 

しっかりとバックアップをとっておけば、こんな時でもすぐに元に戻せますので、必ずバックアップはとっておきましょう。

・プラグインやWordPressの更新でエラーが出た時

・間違えて記事やサイトを消してしまった時

・カスタマイズに失敗して戻せなくなってしまった時

 

それでは行ってみましょう。

 

 

WordPressサイトでは何をバックアップすればいいの?

バックアップしなければならないのは大きく分けて1.ファイル2.データベースです。

Wordpressの仕組み

WordPressのサイトは、ファイルとデータベースの二つで作られています。

ファイルには画像やプラグインファイル、テーマを構成するファイルなどが保存されています。

データベースには記事のテキスト(本文)や、プラグイン、テーマなどの設定が保存されています。

 

BackWPupのインストール

まずはBackWPupをインストールしましょう。

 

プラグインの新規追加をクリック。

 

BackWPupのインストール

右上の検索ボックスにBackWPupと入れて検索し、BackWPupの今すぐインストールをクリック。

インストールが完了したらそのまま有効化をクリックして下さい。

 

BackWPupインストールと有効化

これでBackWPupのインストールは完了です。

 

ファイルのバックアップ

バックアップしなければならないのはファイルデータベースの二つですが、まずはファイルのバックアップから解説します。

・BackWPupの新規ジョブを追加をクリック。以下のような画面になります。

(ジョブとはバックアップする対象を選び、どのくらいの頻度でどこにバックアップするのかを決めるものです。)

 

backWPupのファイルのバックアップ設定

【このジョブの名前】はなんでも良いですが、分かりやすくする為「File backup」とかでいいと思います。

【 このジョブは …】は「ファイルのバックアップ」をチェック。

【 アーカイブ名】はそのままデフォルトで大丈夫です。

【 アーカイブ形式】はWindowsならZipMacならTar GZipにチェック。

【 バックアップファイルの保存方法】は「フォルダーへバックアップ」と「Dropboxにバックアップ」にチェック。(Dropboxはなくても大丈夫ですが、無料ですしファイルが大きくなってきた時の事も考えると、保険も兼ねて利用した方が良いと思います。)

【ログの送信先メールアドレス】は自分のメールアドレスを入力。

【メールの送信元】はそのままデフォルトで大丈夫です。

【エラー】ジョブの実行中にエラーが発生した場合にのみログをメールで送信にチェック。

 

変更を保存をクリックしてジョブの作成は完了です。

 

・次はスケジュール(バックアップの頻度)の設定です。

スケジュールをクリックすると以下のような画面になると思います。

 

backWPupでファイルのバックアップ

【ジョブの開始方法】は「WordPressのcron」をクリック。

【スケジューラーの種類】はそのままデフォルトで大丈夫です。

【スケジューラー】は毎日でも良いですがサーバーに負荷がかかってしまいますので、毎週でいいと思います。時間は深夜などのアクセスが少ない時間帯が良いです。特に希望がなければデフォルトの3時で大丈夫です。

 

変更を保存をクリックしてスケジュールの設定は完了です。

 

ファイルの設定ですが、こちらはデフォルトの初期設定のままでも大丈夫です。

除外したいデータ、フォルダがある場合は任意でチェックして下さい。

以下の通り。

 

backWPupでファイルのバックアップ

宛先: フォルダーもデフォルトの初期設定で大丈夫です。

 

backWPupでファイルのバックアップ

最後に宛先: Dropboxの設定です。

Dropboxのアプリ認証コードを取得をクリック。

Dropboxのアカウントをお持ちでない方は新規作成して下さい。

 

backWPupでファイルのバックアップ

Dropboxにログイン後、以下のような画面になるので許可をクリック。

 

backWPupでファイルのバックアップ設定-dropboxとの接続

すると以下のような画面になりますので、コードをコピーして下さい。

 

backWPupでファイルのバックアップ設定-dropboxとの接続

WordPressの編集画面に戻り、Dropboxのアプリへのアクセスに先ほどコピーしたコードを貼り付けます。

 

backWPupでファイルのバックアップ設定-dropboxとの接続

次に変更を保存をクリックすると、【認証済み!】となると思います。

認証されていません!と出る場合、コードが一部抜けている可能性がありますので、もう一度コードの貼り付けを試してみて下さい。(余計なスペースもないよう確認して下さい。)

 

backWPupでファイルのバックアップ設定-dropboxとの接続

以上でファイルの自動バックアップ設定は全て完了です!

 

次はデータベースのバックアップですね。

 

データベースのバックアップ

・BackWPupの新規ジョブを追加をクリック。以下のような画面になります。

 

BackWPupデータベースバックアップ設定

【このジョブの名前】はなんでも良いですが、分かりやすくする為「Database backup」と入力。

【 このジョブは …】は「データベースのバックアップ」と「インストール済プラグイン一覧」をチェック。

【 アーカイブ名】はそのままデフォルトで大丈夫です。

【 アーカイブ形式】はWindowsならZipMacならTar GZipにチェック。

【 バックアップファイルの保存方法】は「フォルダーへバックアップ」と「メールでバックアップを送信」と「Dropboxにバックアップ」にチェック。(Dropboxはなくても大丈夫ですが、無料ですしファイルが大きくなってきた時の事も考えると、保険も兼ねて利用した方が良いと思います。)

【ログの送信先メールアドレス】は自分のメールアドレスを入力。

【メールの送信元】はそのままデフォルトで大丈夫です。

【エラー】ジョブの実行中にエラーが発生した場合にのみログをメールで送信にチェック。

 

変更を保存をクリックしてジョブの作成は完了です。

 

・次はスケジュール(バックアップの頻度)の設定です。

スケジュールをクリックすると以下のような画面になると思います。

 

BackWPupデータベースバックアップ設定

【ジョブの開始方法】は「WordPressのcron」をクリック。

【スケジューラーの種類】はそのままデフォルトで大丈夫です。

【スケジューラー】は「ファイルのバックアップ」と同じく毎日でも良いですがサーバーに負荷がかかってしまいますので、毎週でいいと思います。時間は深夜などのアクセスが少ない時間帯が良いです。特に希望がなければデフォルトの3時で大丈夫です。

 

変更を保存をクリックしてスケジュールの設定は完了です。

 

・次はDB バックアップの設定です。

【バックアップするテーブル】は全てにチェック。

【バックアップファイル名】はそのままデフォルトで大丈夫です。

【バックアップファイルの圧縮】はGZipがいいと思います。

変更を保存をクリック。

 

以下の通り。

BackWPupデータベースバックアップ設定

プラグインの設定はデフォルトの初期設定で大丈夫です。

 

BackWPupデータベースバックアップ設定

宛先: フォルダ の設定もデフォルトの初期設定で大丈夫です。

以下の通り。

 

BackWPupデータベースバックアップ設定

・次は宛先: メールの設定です。

【 宛先メールアドレス (複数アドレスはコンマで区切る)】は自分のメールアドレスを入力。

【送信元メールアドレス】も自分のメールアドレスを入力。

【送信者名】はそのままデフォルトで大丈夫です。

変更を保存をクリック。

 

BackWPupデータベースバックアップ設定

最後に宛先: Dropboxの設定です。

ファイルのバックアップの時とやり方は同じです。

Dropboxのアプリ認証コードを取得し、コードを貼り付けたら変更を保存をクリック。

【認証済み!】となればデータベースの自動バックアップ設定も全て完了です!

 

BackWPupデータベースバックアップ設定-dropbox接続

 

以上でBackWPupの自動バックアップ設定は全て完了です^ ^!

 

手動バックアップの設定

WordPressサイトをカスタマイズする時や、更新する時などは直前にバックアップをとっておくと、いざという時に安心ですね。

最後にBackWPupを使って手動でバックアップをとる方法を解説します。

 

ここではファイルデータベースの二つをまとめてバックアップします。

・BackWPupの新規ジョブを追加をクリック。以下のような画面になります。

 

backWPupの手動バックアップ設定

【このジョブの名前】はなんでも良いですが、分かりやすくする為「manual backup」と入力。

【 このジョブは …】は「データベースのバックアップ」と「ファイルのバックアップ」と「インストール済プラグイン一覧」をチェック。

【 アーカイブ名】はそのままデフォルトで大丈夫です。

【 アーカイブ形式】はWindowsならZipMacならTar GZipにチェック。

【 バックアップファイルの保存方法】は「フォルダーへバックアップ」にチェック。

【ログの送信先メールアドレス】は自分のメールアドレスを入力。

【メールの送信元】はそのままデフォルトで大丈夫です。

【エラー】ジョブの実行中にエラーが発生した場合にのみログをメールで送信にチェック。

 

変更を保存をクリックしてジョブの作成は完了です。

 

・次はスケジュール(バックアップの頻度)の設定です。

スケジュールをクリックすると以下のような画面になると思います。

backWPupの手動バックアップ設定

【ジョブの開始方法】は「手動」をクリック。

変更を保存をクリックしてスケジュールの設定は完了です。

 

・次はDB バックアップの設定です。

【バックアップするテーブル】は全てにチェック。

【バックアップファイル名】はそのままデフォルトで大丈夫です。

【バックアップファイルの圧縮】はGZipがいいと思います。

変更を保存をクリック。

 

以下の通り。

backWPupの手動バックアップ設定-DB

ファイルの設定ですが、こちらはデフォルトの初期設定のままでも大丈夫です。

除外したいデータ、フォルダがある場合は任意でチェックして下さい。

以下の通り。

 

backWPupの手動バックアップ設定

プラグインの設定もデフォルトの初期設定で大丈夫です。

以下の通り。

 

backWPup手動バックアップ-プラグイン

宛先: フォルダーもデフォルトの初期設定で大丈夫です。

以下の通り。

 

backWPup手動バックアップ-フォルダ

宛先: フォルダーの設定ですが、【 バックアップを格納するフォルダー】のフォルダー名を好きな名前(例えばManual-backupなど)に変えて、自動バックアップとは違うフォルダにするのもいいと思います。

管理しやすい方を選んでください。

以上で手動でのバックアップ設定は完了です!

 

手動バックアップの使い方

では早速手動バックアップをとってみましょう。

BackWPupのジョブをクリックすると先ほど作ったジョブ「manual backup」が確認出来ると思います。

カーソルを近くに持っていくと【今すぐ実行】と出てくるのでクリックして下さい。

 

backWPup手動バックアップの使い方

100%になればバックアップ完了です!

 

backWPup手動バックアップの使い方

 

バックアップしたデータをダウンロードする方法

バックアップしたデータをダウンロードするにはBackWPupのジョブ画面からだと最後にバックアップしたデータがダウンロードできます。

画面右側の「前回の実行」に表示されているダウンロードをクリックするとダウンロードが始まります。

 

backWPupでバックアップしたデータをダウンロードする方法

もしくはBackWPupのバックアップ(画面左下)をクリックするとバックアップしたデータ一覧からダウンロードしたいバックアップデータを選ぶことも出来ます。

ダウンロードしたいバックアップデータのダウンロードをクリックするとダウンロードが始まります。

 

backWPupでバックアップしたデータをダウンロードする方法

ダウンロードしたファイルはパソコンのローカルディスククラウド外付けハードディスクなどに二重、三重に保管してバックアップしておくと良いですよ。

 

バックアップの復元方法はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

Wordpressのバックアップ復元方法
WordPressのバックアップ復元方法

何かの拍子にサイトのレイアウトが崩れて戻せなくなったり、間違えて削除してしまった。更新などによりエラーが出て戻せなくなったりと、絶望的で泣きたくなってしまうような時でもバックアップがあれば問題ありません!たった二つの作業で元のように復元出来ます。

続きを見る

 

ダウンロードでエラーが出る時の解決方法

エラーが出てうまくダウンロード出来ない方はブラウザを変えてみて下さい。(Safari、Google Chrome、Firefoxなど)

それでも出来ない場合は、ジョブをクリックして編集をクリック。

 

backWPupのダウンロードエラー

一般から【 バックアップファイルの保存方法】で「Dropboxにバックアップ」にもチェックを入れ、手動バックアップでもDropboxに保存する設定にし直して下さい。

 

backWPupのダウンロードエラー

それからもう一度バックアップし、ダウンロードを試してみて下さい。

もしくはDropboxから直接ダウンロードすれば解決すると思います。

 

お疲れ様でした。

-バックアップ
-

© 2020 mitanote