SEO

【画像付きで解説】ブログで効果的なキーワードの選定方法【SEO】

【画像付きで解説】ブログで効果的なキーワードの選定方法【SEO】

こんにちは。ミタロウです。

 

記事を書くときに、キーワードの選定はしていますか?

サイトにアクセスが集まらないのは、キーワード選びが出来ていないからかも知れません。

 

アクセスを集める為に、一番大事な事はキーワードです。

 

キーワードの選定がしっかりと出来ていれば、あとは良い記事を量産するだけです。

今日は効果的なキーワード選定方法を解説します。

 

ブログでなくても、ホームページなどでも応用出来ますよ。

 

 

ブログで効果的なキーワードの選定方法【SEO最適化】

ブログで効果的なキーワードの選定方法【SEO最適化】

まずは、記事にしたいコンテンツ(カテゴリー)を決めます。

自分の仕事関係のブログなどの場合は、ここは飛ばして下さい。

 

例えば、SEO、WordPress、アフィリエイト、ファッション、電化製品、読書、映画、音楽、英語など。

何でも良いですが、アフィリエイトブログにする場合は、商品がある&需要があるジャンルが良いと思います。

 

もしくは詳しいジャンル、専門知識があるジャンルが良いでしょう。

 

SEOに関しては、正直そんなにアフィリエイト商品があるジャンルではないですが、記事を書く事で専門知識が身につきますし、そこからフリーランスとしての仕事が得られるケースもあります。

あとはレンタルサーバーの契約などですね。

 

ジャンルが決まったら、無料ツールの関連キーワード取得ツール(仮名・β版)にてキーワードを取得します。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)で「SEO」のキーワードを取得した画面です。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

赤枠、全キーワードリストのキーワードを全選択(WindowsならCtrl + A、Macならcommand + A)し、コピーして下さい。

 

次にGoogle広告のキーワードプランナーでキーワードの選定を行います。

「ツールと設定」をクリックし、「キーワードプランナー」をクリック。

キーワードプランナー

「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリック。

 

キーワードプランナーでキーワード選定方法

ここに先ほどコピーしたキーワードを貼り付けて下さい。

次に「開始する」をクリック。

 

キーワードプランナーでキーワード選定方法2

画面右上の矢印アイコンをクリック。

 

キーワードプランナーの過去の指標ダウンロード

「プランの過去の指標」をクリックすると、データがダウンロード出来ます。

 

キーワードプランナーの過去の指標ダウンロード方法

WordかMacならNumbersを開いてダウンロードしたデータを開いて下さい。

 

以下の画像はNumbersで開いたものです。

 

キーワードプランナーの過去の指標をNumbersで開く

見るべきポイントは「Max search volume」です。

 

上から検索回数が多い順番に並び替えましょう。

画像だと、上のFのセルの所で右クリックし「降順に並び替える」をクリックすればOKです。

 

狙うべきキーワードはズバリ!

Min search volume「100」〜Max search volume「1,000」

です。

 

理由は、それ以上の検索ボリューム(ビッグキーワード)を狙っても検索上位には表示されないからです。

 

ビッグキーワードを最初から狙うと、頑張ってもアクセスが伸びず、モチベーションが下がりまくり、挫折しやすくなってしまいます。

大体の人がこうなってしまいますね。

 

じゃあどうすれば、ビッグキーワードで検索上位表示されるようにできるのか。

 

ビッグキーワードで検索上位表示させる方法

ビッグキーワードで検索上位表示させる方法

ロングテール記事を書きまくり、検索上位表示させたい記事【ビッグキーワードの記事】に内部リンクを送る。

 

ひたすらこの作業の繰り返しです。

 

ある程度記事がまとまってきたら、まとめ記事も作りましょう。

一つ一つの記事内容の質も大事です。(むしろここが一番大事。)

 

ロングテールとは

ビッグキーワードと違い、そこまで検索ボリュームのないニッチなキーワード、細かいキーワードの事です。

 

ロングテールキーワードでアクセスを集め、ビッグキーワードの記事にアクセスを集めていきます。

ロングテールキーワードは、無料ツールのUbersuggestで選定出来ます。

 

ubersuggest

ここで選定した記事を一つずつ書いていく事で、アクセスを集めていきます。

めちゃくちゃ地道な作業ですが、これ以外の近道はありません。

 

ここで注意する事。

 

一つの記事に対してキーワードは一つにしましょう。

 

二つの記事で、同じキーワードを狙っても検索順位は上がりにくいです。

 

狙うキーワードに関連したキーワードを、網羅するように書けると効果的です。

一度使ったキーワードは、他の記事で使わないようにしましょう。

重複コンテンツは、Googleの評価を下げてしまいます。

 

一つ一つの記事に、一点集中で全力を注ぎましょう。

 

ビッグキーワードで上位表示されている記事は、企業が豊富な資金を注ぎ込み、ライターに良質な記事を大量に書かせているので、数で勝負しようとすると、個人ではなかなか太刀打ちできません。

その為、個人の信頼、記事のオリジナリティーが重要になってきます。

 

僕の場合、経験から分かっている事だけを記事にしています。

だと思います。とからしいです。などの曖昧な表現はなるべくしないようにしています。

 

分からない事は、分からないと言います。

 

信頼を得るのは大変ですが、信頼を失くすのは超簡単ですからね。

 

記事を書いたら、狙ったキーワードの検索順位チェックもしましょう。

有料ですが、僕も使っている「Rank Tracker Professional」というツールがおすすめです。

自分のサイトの検索順位 + 競合サイトの検索順位と比較確認もチェックできるので、自分の立ち位置と改善点が確認出来ます。

 

プロフェッショナル版(安い方)と、エンタープライズ版(高い方)があります。

エンタープライズ版は、データのエクスポート機能があったり、比較する競合サイトの登録件数が多かったりしますが、個人で使うのであればプロフェッショナル版で十分です。

競合サイトの登録件数

プロフェッショナル版は5件。

エンタープライズ版は40件。

 

目標は、検索順位10位以内です。

 

理由は、10位以内だと検索ページ1ページ目に表示されるからです。

検索ページ1ページ目と、2ページ目だと、クリック率にかなり差があります。

 

人によっては、そもそも2ページ目を見ない方もいます。

 

検索順位20位前後の場合は、リライトが必要です。

リライトとは、見出し(h1、h2など)のキーワードや文章の加筆、SEO内部対策などを再度する修正の事です。

 

そうする事で10位以内も狙えると思いますよ。

 

タイトル(h1)のつけ方は最重要項目です。キーワードが効果的に使われているか再度確認してみて下さい。

SEOで効果的なタイトルのつけ方【文字数も確認!】

 

ブログの効果的な書き方は、こちらの記事を参考にして下さい。

ブログで検索上位を獲得する記事設計【SEO最適化】

 

ブログ、SEOはめちゃくちゃ地道ですが、頑張れば必ず成果が出ます。

このブログでは、まだ大きな成果は出ていませんが、地道にやっていきます。

 

僕は今まで生き急いで生きてきたので、本業を引き継ぐ後継人が見つかったら、世界を旅しながらゆっくり生きて行きたいなと夢見ている今日この頃です。

 

今日はここまで。

 

PREMOA(プレモア)

-SEO
-, ,

© 2020 mitanote