SEO

noindexとnofollowとは?【SEO最適化】

noindexとnofollowとは?【SEO最適化】

こんにちは。ミタロウです。

 

noindexとnofollow

皆さん正しく理解して使い分けていますか?

 

これらを正しく使い分けていないと、折角頑張ってホームページを作成したり、記事を書いていっても真っ当な評価を受けられず、検索順位が上がってこないかもしれません。

SEOの最適化では「noindexとnofollow」の違いを正しく理解し、適切に使い分ける必要があります。

 

今日は「noindexとnofollow」の意味と、正しい使い方を解説します。

 

 

noindexとは?

Googleで何かを検索すると、色々なサイトの記事がズラーっと出てきますよね?

あれは、そのページが「index」されているページだから、検索ページに引っかかっているのです。

仮にこのページを「noindex」にすると、Googleの検索ページには出てこないようになります。

 

これが「noindex」です。

簡単に説明すると、検索結果に表示されないようにする事が出来るタグです。

 

どういった時に使うかと言いますと、SEO最適化によるキーワードでの集客でホームページのアクセス、PV数を伸ばしたいと思っているのに、フォームしかないお問い合わせページや、集客に直接関係のないプライバシーポリシー、会社案内などのページがindexされていると、他の記事の質が高くても、それら内容の薄いページによって評価が下がってしまいます。

 

それを避けるために、「noindex」タグを使って質の低いページ、内容の薄いページを減らし、サイト全体の評価を高める事ができます。

 

nofollowとは?

検索エンジンのクローラーが、nofollowタグを設定したページにある全ての発リンク、もしくは指定した発リンクを、たどらないようにする事ができます。

 

どんな時に使うのかというと、リンク先のページが信頼性の低いページだった時に、「nofollow」を指定する事によって、クローラーにリンクをたどらせないようにし、自分のサイトの評価を下げないように対策します。

リンク先のページの質が低かったり、信頼性の低いものだと、自分のサイトの評価も下がってしまいます。

その対策ですね。

 

具体的にこういったサイトの事です。

nofollowしよう

・アダルト系サイト

・有料サイト

・海外のサイト、コンテンツなど

 

その他にも、ログインページやサンクスページ、お問い合わせフォームなどにも「nofollow」を指定する事で、価値の低い発リンクを減らす事ができ、SEO最適化につながります。

 

発リンクと被リンクとは?【内部・外部】

発リンクと被リンクとは?【内部・外部】

リンクには「発リンク」「被リンク」の二種類があるのをご存知ですか?

 

・発リンクは発するリンク。

つまり、リンクを貼っているページから他のページにリンクする事です。

この時に、リンク先が同じサイト内であれば【内部発リンク】

リンク先が別のサイトであれば【外部発リンク】

となります。

 

・被リンクは被るリンク。

すなわち、他のページから受けているリンクの事です。

こちらも同じように

リンクを貼っているサイトが、同じサイト内であれば【内部被リンク】

リンクを貼っているサイトが、別のサイトであれば【外部被リンク】

となります。

 

Web関係、SEO関連の内容でよく出てくる言葉なので、しっかりと意味を覚えておきましょう。

 

noindexの使い方

WordPressでプラグイン【All in One SEO Pack】を使用するやり方であれば、めちゃくちゃ簡単です。

 

・プラグインを「インストール」→「有効化」

・noindexさせたいページの編集ページで「noindexを使用する」にチェックするだけです。

固定ページのnoindex

 

・プラグインを使用しないやり方は、noindexしたいページの一番上の方に、<head>というタグがあると思います。

そこから</head>タグまでの間に、以下のコードを記述して下さい。

 

コピペOK

<meta name="robots" content="noindex">

 

このように<head>と</head>の間に<meta>タグを使用して、指定する要素をmeta要素と言います

 

nofollowの使い方

nofollowの設定方法は二つあります。

・一つは、ページにある全ての発リンクに「nofollow」を設定する方法。

・もう一つは、ページ内のこちらで指定した発リンクにだけ「nofollow」を設定する方法。

 

ページにある全ての発リンクに「nofollow」を設定する方法

この方法であれば、プラグイン【All in One SEO Pack】を使用すれば、めちゃくちゃ簡単です。

 

・プラグインが有効化されている状態で、全ての発リンクをnofollowさせたいページの編集ページで「nofollowを使用する」にチェックするだけです。

 

nofollowの設定方法

 

・プラグインを使用しない場合は、同じくメタ要素で指定します。

<head>と、</head>タグまでの間に以下のコードを記述して下さい、

 

コピペOK

<meta name="robots" content="nofollow">

 

ページ内のこちらで指定した発リンクにだけ「nofollow」を設定する方法

特定の発リンクにだけnofollowを設定したい場合は、rel="nofollow"をリンク先のURLとアンカーテキストの間に記述して下さい。

WordPressであれば、「テキストエディター」で記述できます。

 

以下のような記述になればOKです。

記述例

<a href="https://〜" rel="nofollow">リンク名</a>

 

ページをnoindex / nofollowさせる方法

プラグイン「All in One SEO Pack」を使用する方法であれば、先ほどと同じように、ページの編集画面で「noindexを使用する」と「nofollowを使用する」の両方にチェックをするだけです。

 

直に記述する場合は、meta要素で指定します。

以下のコードを<head>と</head>内に記述して下さい。

 

コピペOK

<meta name="robots" content="noindex,nofollow">

 

仮にページの設定が「noindex / follow」の場合でも、長期間noindexの設定にしていると、ページのインデックスから完全に削除され、「nofollow」になります。

 

外部発リンクのnofollowと新属性sponsored・ugcの設定

外部発リンクのnofollow設定について

nofollowを設定するのは、主に外部発リンクの事がほとんどだと思います。

質の低い、信頼性の足りないサイトへのリンクはもちろんですが、自分のサイトの評価を渡したくないという理由で、nofollowを設定している方も多いと思います。

 

Googleでは、被リンクもそうですが、発リンクの内容も見ていて評価されています。

 

Googleでは、ユーザビリティの良いサイトを高く評価します。

 

この事からも分かる通り、一番大事な事は、ユーザーにとって有益な情報なのかどうかです。

 

適切な発リンクは、サイトの評価を高めてくれます。

 

質の高いページ、信頼できるサイト、ユーザーにとって有益なサイトへの発リンクは、ユーザビリティが向上し、良い評価にも繋がるので、nofollowを指定する必要はありません。

 

2019年の9月にGoogleは、nofollowの扱いを命令からヒントへと変更しました。

その為、今後はnofollowを設定したからといって、絶対にリンク先をたどらないわけではない。という事になります。

Googleの参照記事

 

また、新たな属性も追加されました。

新たな属性

rel="sponsored"

rel="ugc"

 

・「sponsored」は広告などに使う属性。

・「ugc」はユーザーが作ったコンテンツに対して使う属性です。(ブログや掲示板のコメント欄へのリンクなど。)

 

どちらも「nofollow」と同じく、ヒントとして扱われるようです。

正式な変更が適応されるのは、2020年3月1日からです。

 

何度も言いますが、大事なのは記事の質と内容、そして内部リンク、外部リンクをうまく使い分けて、ユーザーにとってプラスになる情報を提供し、見やすい設計にする事です。

 

ユーザーになった気持ちで、自分のページを見てみましょう。

不必要なものは削除し、必要だな!ここにこれがあったら便利だな!と思うものを追加していけば、より良いサイト設計に近づくでしょう。

 

 

今日はここまで。

-SEO
-,

© 2020 mitanote