Wordpress

お名前.comで独自ドメインを取得する方法【注意点有り】

お名前.comで独自ドメインを取得する方法【注意点有り】

こんにちは!ミタロウです。

今日はお名前.comで独自ドメインを取得する方法について解説します。

色々なドメイン業者がある中で、「お名前.com」は登録可能なドメイン数が多く、年間更新料、維持費も安いので、最もコスパの良いおすすめ業者です。

ですが、お名前.comでのドメイン取得に関して一つ注意点が有りますので、後ほどご説明しますね。

 

独自ドメインとは

独自ドメインとは、インターネット上での住所みたいなものです。

このブログの場合

「https://mitanote.com」のmitanote.comの部分です。

「.com」の部分をトップレベルドメインと呼びます。

「com」以外にも「.net」「.jp」「.org」「.info」「.co.jp」や都市名のものなどもあります。(.osakaや.tokyoなど)

※co.jpに関しては会社でないと取得、登録できません。

 

元々はトップレベルドメインにも意味があったようなのですが、今はあまり関係なく使われています。

また、トップレベルドメインの種類によってseo(検索順位)の影響はほぼないと言われていますので、お好きなものを選んで下さい。

「.com」「.net」「.org」あたりが定番ですね。

 

各トップレベルドメインの意味も紹介しておきます。

「.com」は商品やブランドの紹介サイト、個人のサイトなど。

「.net」はネットワークという意味で、色々なサイトで使われている。

「.org」は非営利団体を意味しています。

「.jp」は日本を表すドメインで、住所が日本にないと取得出来ません。

「.co.jp」は株式会社や合同会社、有限会社などの企業を表すドメインで、それらの企業でないと取得できません。

「.ne.jp」はネットワークサービスを提供しているという意味合いのドメインです。

 

このあたりから選んでもらえれば大丈夫です。

安くておすすめは「.com」と「.net」です。

 

お名前.comでの独自ドメイン取得方法

お名前.comのサイトを開くと以下のようなページになると思います。

 

お名前.comの独自ドメイン取得方法

・「お好きな文字列」の空欄に希望のドメインを入力。

・その隣「ドメイン」のドロップダウンメニューの所は、希望のトップレベルドメインを選んで「検索」をクリックして下さい。

 

ここで決めるドメインは、後から変更できません

ドメインはそのサイトだと分かる覚えやすいものにしましょう。

例えば「Myギター教室のブログ」というブログにするとして、ドメインが「mypiano-school.〜」だったら意味分からないですよね。どっち!?みたいな。

なるべく短くハイフンや数字を使わないドメインの方が良いとされてはいますが、思いつくものは既に誰かに取得されていると思います。

良いとされている理由は

1.短いと覚えやすい、URLの入力ミスが減る。

2.スパムには数字が多いので嫌がる人もいる。ですがseo(検索順位)には関係ないので、気持ちの問題ですね。数字の使い方にもよると思います。

 

最近では長いドメインでもSEOにはあまり影響ないと言われているので、色々探してみて下さい。

ローマ字読みに変えるとかもありです。onamae.comがそうですよね。

 

・既に他の誰かに取得されていて、新たに取得できないドメインの場合、以下のような画面になると思います。

その場合は空欄に違うドメインを入れ、再検索して下さい。

トップレベルドメインはあってもなくても大丈夫です。また、改行して入力すれば複数同時検索できます。

 

お名前.comの独自ドメイン取得できない

・取得できるドメインが見つかると、以下のような画面になります。

「希望のトップレベルドメインにチェック」を入れ、「料金確認へ進む」をクリックして下さい。

 

お名前.comの独自ドメイン

・下の画像のようなオプション確認画面になります。

ここで最初にお話しした【注意点】が出てきます。

 

お名前.comの独自ドメイン取得画面

画像左から順に、

・「登録年数」を選んで下さい。(1年で良いと思います。)

【注意点】ここでWhois情報公開代行にチェックボックスがある場合、必ずチェックを入れて下さい。(Whois情報公開代行をお名前.comにお願いする形にして下さい。)

注意点

Whois情報とはドメイン登録者の情報の事なのですが、Whois情報公開代行をお願いしない場合、自分の情報【住所や名前など】がインターネット上で公開されてしまいます

Whois情報は、誰でも調べれば見れてしまいます。

よほど特別な理由がなければ基本的にドメイン業者に情報公開を代行してもらいます。

そうすれば自分の個人情報は公開されません

お名前.comの場合、初回契約時にWhois情報公開代行も同時に契約すればずっと無料で代行してもらえるのですが、契約後の途中から、もしくはドメイン移管(他の業者から同じドメインで引っ越しする事。)の場合、毎年手数料が発生してしまいます【一年で980円(税抜)】

この後に出てくる「Whois情報公開代行メール転送オプション」は、Whois情報にあるアドレスに問い合わせが来た時に、その内容をこちらにメールで転送してくれるサービスです。これはなくても大丈夫ですので勘違いしないように。

またドメインの更新時にも「Whois情報公開代行メール転送オプション」を付けるかの選択を迫られますが、代行と代行メール転送オプションは違うので、転送オプションを付けなくても代行がなくなるわけではありません。

間違えないように、しっかりと文言を確認して下さい。

 

・その下のオプション「Whois情報公開代行メール転送オプション、ドメインプロテクション、SSL証明書」はなくて良いと思います。(必要であれば。)

・更にその下、レンタルサーバーのオプションも必要ないと思いますが、必要であれば。(必要なければ利用しないでOKです。)

レンタルサーバーは、エックスサーバーmixhostがおすすめですよ。

エックスサーバーがWordPress初心者におすすめな理由【比較有】

 

・お名前.comに登録するメールアドレスと希望のパスワードを入力して「次へ」をクリックして下さい。

既にお名前IDを持っている方は「お名前IDをお持ちの方」にチェックを入れ、ログインして下さい。

 

・最後のステップ、お支払い画面になります。

 

お名前.comの独自ドメイン取得お支払い画面

・クレジットカード以外の場合は「その他の支払い方法はこちら」をクリック。

 

「申込む」をクリックしたらお名前.comでの独自ドメイン取得完了です!

 

ドメイン登録完了のメールが届くと思います。

 

また、それとは別に以下の画像のような「ドメイン情報認証のお願い」というメールが届く事もあると思います。(初めてお名前.comで登録する場合は届くはずです。)

この場合、指定された期日までに本文にあるURLリンクにアクセスして認証しないと、せっかく取得した独自ドメインでサイトが表示されなくなってしまうので、必ず認証して下さい

期日を過ぎても認証さえすればサイトのアクセス制限は解除され、サイトが正常に表示されるようになりますのでご安心を。

・次は使用するレンタルサーバーに取得したドメインを設定して、お名前.comでネームサーバーの設定をしたらブログ、サイトの運営が始められます。

エックスサーバーでWordPressブログの始め方(エックスサーバーのドメイン設定の箇所へ飛びます。)

 

希望のドメインを見つけるまでは大変ですが、決まっちゃえばここからが一番楽しい所ですね!

 

次回はお名前.comでのネームサーバーの設定方法を上げます。

お名前.comのネームサーバー設定方法

 

お疲れ様でした。

-Wordpress
-,

© 2020 mitanote