SEO

WordPressの固定ページとは?【投稿との違いを解説】

WordPressの固定ページとは?【投稿との違いを解説】

こんにちは。ミタロウです。

 

WordPressの「固定ページ」と「投稿」の違いを知っていますか?

どちらもサイトにページを作って記事を書く事が出来るものですが、仕組みは全然違います。

 

しっかりと使い分けないとSEOの効果も半減しちゃいますよ。

 

今日は「固定ページ」と「投稿」の違い、使い方を解説します。

 

 

WordPressの固定ページと投稿との違い

WordPressの固定ページと投稿との違い

サイトで発信したい内容、ブログ記事以外の固定の情報などは【固定ページ】で作ります。

サイトで発信したい内容、ブログ記事は【投稿】で作ります。

 

固定ページ

お問い合わせページやプライバシーポリシー、運営会社説明、企業説明などのページなどに適しています。

他には商品紹介、活動のスケジュールページなど。

 

投稿

ブログ記事やお知らせなどは投稿で作ります。

 

固定ページ

特徴として、固定ページはカテゴリーやタグでの関連付けが出来ません。

独立した固定のページになっていて、固定ページ同士で親子関係を作る事が出来ます。

また、特定のページのみテンプレートを変えてレイアウトを変える事も出来ます。

 

投稿

投稿は、ページ同士で親子関係を作る事が出来ませんが、その代りにカテゴリーやタグでの関連付けが出来ます。

また、全ての投稿記事を一覧、カテゴリーやタグの記事を一覧させる事も出来ます。

 

 

WordPressの固定ページと投稿との違い

正しいサイト設計は適度に階層化され、カテゴリー分けされた設計が良いとされています。

SEOの最適化がされたサイト設計でないと、なかなかアクセスが集まりません。

 

サイトによって設計は変わってきますので、どんなサイトにしたいのかを最初に決めて、最適化されたサイト設計を目指しましょう。

 

固定ページの作り方

固定ページの作り方

・管理画面から固定ページをクリック。

 

固定ページの作り方

・新規追加をクリック。

 

固定ページの新規追加

・タイトルを入力、その下の大きなボックス(空欄)に本文を書いていきます。

 

-固定ページ投稿画面-

固定ページの投稿画面

「ビジュアル」「テキスト」とありますが、コードを入力する場合は「テキスト(エディター)」を選んでください。

 

初心者の方ですと「ビジュアル(エディター)」が使いやすいと思いますが、ビジュアルエディターだとコードの打ち込みが出来ないので、ライティングし直したり等と色々やっている内にコードが汚くなってしまい、結果SEOに悪影響を与えてしまう事もあります。

ネットでググれば何でも出てくる世の中ですので、最初は分からなくても、調べながらテキストエディターでコードを入力していく事をオススメします。

もしくは、ビジュアルエディターでライティングしながらテキストエディターでコードを入力、確認していく方法もありです。

 

・ページ属性は「親なし」で大丈夫です。

すでにある【固定ページA】の子ページにしたい場合は、【固定ページA】を選択して下さい。

 

・この固定ページだけレイアウトを変更したい場合は、「テンプレート」から希望のテンプレートを選択します。

 

・「アイキャッチ画像」はページの内容に合わせた画像を選択して下さい。

アイキャッチ画像がどこに、どのように表示されるかは使用しているテーマテンプレートによって異なります。

実際に設定してみて反映を確認してみて下さい。

このブログの場合は、トップページの記事一覧や、サイドバーの記事の画像がアイキャッチ画像になっています。

これです。

 

アイキャッチ画像

メタディスクリプションとメタキーワード、テーマによっては抜粋も書きますが、この次に解説する「noindex」にするページには必要ありません。

効果的なmeta descriptionの書き方【文字数を意識しよう】

 

noindexの使い方

あまり重要じゃない固定ページには「noindex」というタグを使って、検索エンジンにインデックスさせないようにしましょう。

重要じゃない固定ページと言うと、誤解を招いたかも知れません。

例えばサイトの「お問い合わせページ」や「プライバシーポリシー」、「運営者情報」や「著作権について」、「会社紹介」など。

それらよりも検索で引っかかってほしい記事や、ページがありますよね?(サイトの設計にもよりますが。。)

 

コンテンツ・内容の少ない(薄い)ページにも「noindex」を使いましょう。

そうする事で、サイト全体の価値を高め、Googleからの評価を上げる事が出来ます。

 

noindexとnofollowについて、詳しく知りたい方はこちらの記事で解説していますので、参考にして下さい。

noindexとnofollowとは?【SEO最適化】

 

使い方はめちゃくちゃ簡単です。

やる事は二つだけ。

 

(1)プラグインの「All In One SEO Pack」をインストールして有効化します。

 

(2)固定ページ投稿画面の下の方にある「この固定ページ/投稿に noindex を使用する」にチェックを入れて下さい。

 

固定ページのnoindex

これだけです。

めちゃくちゃ簡単ですね。

 

こういった一つ一つの積み重ねで運営を続けていった先の結果がまるで変わってきます。

 

「とりあえず今はいいかな。」

と面倒臭い事、難しくて分からない事に蓋をせず、一つ一つクリアしていって下さい。

今分からないことが、一年後には当たり前のように出来るようになっていると思いますよ。

 

 

・あとは固定ページ投稿画面右上にある「公開」をクリックすれば投稿ページが作成されます。

「プレビュー」をクリックすると、公開前でも実際のページがどのように表示されるか確認出来るので、公開前に文章などを確認、校正しながら見やすいページを作り上げましょう。

 

投稿【記事】の作り方

投稿【記事】の作り方

基本的には「固定ページ」の時と同じです。

管理画面の左上の方にある「投稿」→「新規追加」と進むと、固定ページの時と同じような投稿画面になると思います。

ただ、ここでは「ページ属性」の選択肢がなく、代りに「カテゴリー」があると思います。

 

・ここで、その記事に最も当てはまるカテゴリーを一つ選択して下さい。

デフォルトの状態だと一つしかなく「未分類」とかになっていると思います。

 

・カテゴリーを追加する場合は、「+新規カテゴリーを追加」をクリックし、カテゴリー名を入力。

その下の「新規カテゴリーを追加」をクリックして追加して下さい。

 

Wordpressのカテゴリー

ポイント

1記事に対して選択するカテゴリーは1つにしましょう。

そうしないと、検索エンジンが同じ記事を複数の記事と捕らえてしまう可能性があるからです。

 

これは絶対に二つのカテゴリーが必要だ!

例えば親カテゴリーAと、その子カテゴリーA2のような二つのカテゴリー両方を使いたい場合は、二つのカテゴリーを使用しても大丈夫ですが、あまり多用はしない方が良いと思います。

-例-

親カテゴリー 【WordPress】

子カテゴリー 【使い方】

記事タイトル 「WordPressとは?使い方も解説」

こういった場合には【使い方】と【WordPress】の両方のカテゴリーを使ってしまっても大丈夫です。

 

なるべくカテゴリーは重複しないように、最初にどんな内容の記事を書いていくかサイトの設計を考えてカテゴリー分けしましょう。

 

・メタディスクリプションも重要です。メタキーワードとテーマによっては抜粋も入力してあげましょう。

 

メタディスクリプション入力画面

こちらはまた別の記事で解説します。

効果的なmeta descriptionの書き方【文字数を意識しよう】

 

・記事が完成したら「公開」をクリックして投稿のページ【記事】作成は完了です!

 

公開前に必ず「プレビュー」で記事を確認しながら編集、校正をしましょう。

句読点の位置、改行の場所や文字の色、太さなどに気を配ってあげると読みやすい文章になると思います。

適度に画像を配置する事もポイントです。

 

文章だらけだと目が疲れますし、画像がある事によって、よりイメージを抱かせやすいというメリットもあります。

もちろん選ぶ画像も大切です。

 

僕はもともと文章があまり得意ではありませんでしたが、数をこなしてきて慣れてきました。

沢山文章を書いていく内に慣れていきますよ。

他の人のブログや本を読む事も大切だと思っています。

 

最後に僕のおすすめの本を二冊紹介します。

この本を読んで意識が大分変わりました。

【人を操る禁断の文章術】

【20歳の自分に受けさせたい文章講義】

 

 

 

本に書いてある事全てが自分にとって正解とは限らないと思いますが、どんな本でも少なからず他の人の考えや知識を貯める事が出来ますよね。

何よりも自分と向き合う事が出来ます。

「いいな。」「なるほどな。そんな考えがあったんだ。」

と思う事はすぐに実践してみましょう。

 

頑張った分だけ成長し、成長した分だけ楽しくなっていきます。

 

何でもそうですが、辛いだけだと続かないですからね。

考える前に手を動かしましょう!

 

今日はここまで。

-SEO
-,

© 2020 mitanote