設定

WordPressのデータベースの作り方【各サーバーで解説】

Wordpressのデータベースの作り方【各サーバーで解説】

こんにちは。ミタロウです。

 

今日はWordpressのデータベースの作り方を各サーバーで解説します。

 

 

データベースって何?

WordPressは大まかに説明するとデータベースファイルの二つで構成されています。

Wordpressの仕組み

データベースには、固定ページや投稿ページの記事やプラグイン、テーマなどの設定が保存されています。

ですので絶対になくてはならないものですし、大切な財産(記事など)が保管される場所となるので、日頃からしっかりとバックアップも取りましょうね。

BackWPupの使い方【WordPressバックアップのやり方】

 

データベースは各サーバーでWordpressのインストールをした時に自動で作成されるのですが、Wordpressサイトのサーバー移行(引越し)の際は、自分で作成する事になります。

また、自分でデータベースを作ることによって、「データベース名」「ユーザー名」「データベース用パスワード」を自分で把握できるというメリットもあります。

 

そんなに難しくない作業なので是非覚えましょう。

では早速やってみましょう。

 

エックスサーバーの場合

サーバーパネルにログイン後、MySQL設定をクリック。

エックスサーバーのデータベース

MySQLユーザ追加をクリックして、MySQLユーザIDを入力。

なんでも大丈夫ですが、自分で管理しやすい名前にしておくといいと思います。(ここではsampleと入力。)

次にお好きなパスワードを入力して確認画面へ進むをクリック。

 

エックスサーバーのデータベース

確認画面になるので追加するをクリック。

 

エックスサーバーのデータベース

これでユーザーの追加は完了しました。

次はデータベースの作成です。

先ほどのMySQL設定画面でMySQL追加をクリック。

MySQLデータベース名を入力。

こちらもなんでも大丈夫ですが、自分で管理しやすい名前にしておいて下さい。

次に確認画面へ進むをクリック。

 

エックスサーバーのMySQL追加

追加するをクリック。

 

エックスサーバーのMySQL追加

これでユーザーとデータベースは作成できたのですが、このままだとアクセス権所有ユーザーが登録されていないので、データベースを使用することが出来ません。

ですので、MySQLデータベースのユーザー登録を行う必要があります。

 

MySQLデータベースのユーザー登録

MySQL設定画面の「MySQL一覧」で先ほど作ったデータベース名のアクセス権未所有ユーザから、先ほど作ったMySQLユーザをドロップダウンメニューから選び、追加をクリック。

エックスサーバーMySQLデータベースのユーザー登録

以上でエックスサーバーでのデータベース作成は完了です。

 

エックスサーバーMySQLデータベースのユーザー登録

 

mixhostの場合

mixhostのマイページにログインしてMySQL Databasesクリック。(下の1枚目の写真)

cPanelからでも大丈夫です。その場合も同じようにMySQL Databasesクリック。(下の2枚目の写真)

 

(マイページ)

mixhostデータベース

(cPanel)

mixhostデータベース

新しいデータベース名を入力。

なんでも大丈夫ですが、自分で管理しやすい名前にしておいて下さい。(ここではsampleと入力しました。)

次にデータベースの作成をクリック。

 

mixhostのMySQLデータベース

これでデータベースは作成されました。

 

mixhostのMySQLデータベース

データベースを動かす(管理する)ためにはMySQLユーザーの作成、登録も必要になります。

 

MySQLユーザーの作成・登録

先ほどデータベースを作成した画面を下にスクロールすると、「MySQLユーザー 新しいユーザーの追加」と出てきます。

ユーザー名を入力し、パスワードを入力したらユーザーの作成をクリック。

(ユーザー名は管理しやすい名前がいいと思います。ここではtestと入力。)

mixhostのMySQLユーザーの作成・登録

MySQLユーザーが作成されました。

 

mixhostのMySQLユーザーの作成・登録

最後にMySQLユーザーを先ほど作成したデータベースに登録、紐付け(追加)します。

 

先ほど「MySQLユーザー 新しいユーザーの追加」の画面の少し下にスクロールすると「ユーザーをデータベースに追加」と出てきます。

作成したユーザーデータベースをドロップダウンメニューから選んで追加をクリック。

 

mixhostのMySQLユーザーの作成・登録

ユーザー権限の管理画面になります。

すべての権限にチェックを入れて変更をクリック。

 

mixhostのMySQLユーザーの作成・登録

画面右上に成功と出てきたら無事すべての作業完了です!

 

mixhostのMySQLユーザーの作成・登録

 

ロリポップの場合

まずロリポップのユーザー専用ページにログインします。

サーバーの管理・設定からデータベースをクリック。

ロリポップデータベース

データベースの「作成」をクリック。上と下に二つ作成ボタンがありますが、どちらも同じなのでどっちでも大丈夫です。

こういうのってA型の僕からすると少し気になりますw

何で二つあるんだろ〜?って。たくさんデータベースがある時にスクロールした後でも作成できるようにとかなんでしょうけどね。

 

ロリポップのデータベース

データベース名を入力。

なんでも大丈夫ですが、自分で管理しやすい名前にしておいて下さい。(ここではsampleと入力しました。)

次に接続パスワードを入力して作成をクリック。(接続パスワードはユーザー専用ページログインパスワードではありません。新たにここで作成するデータベースのパスワードです。)

 

ロリポップのデータベース

これにてデータベースの作成は完了です!

データベース名、データベースホスト、ユーザー名が以下のように確認できると思います。

 

ロリポップのデータベース

 

さくらインターネットサーバーの場合

まずサーバコントロールパネルにログインします。

次にデータベースの設定をクリック。

さくらインターネットのデータベース

データベースの新規作成をクリック。

 

さくらインターネットのデータベース作成

データベース名を入力。

なんでも大丈夫ですが、自分で管理しやすい名前にしておいて下さい。(ここではsampleと入力しました。)

次に同意するにチェックしてからデータベースを作成するをクリック。

 

接続用パスワードは「〜は設定済み」となっている場合、契約時に送られてきたメール([さくらのレンタルサーバ] 仮登録完了のお知らせ)に記載されています。

「〜は設定済み」となっていない場合、任意のパスワードを入力して下さい。

さくらインターネットのデータベース作成

以上でさくらインターネットサーバーでのデータベースの作成は完了です!

以下のようにデータベースが作成されたのが確認出来ると思います。

 

さくらインターネットのデータベース作成

 

 

お疲れ様でした。

-設定
-

© 2020 mitanote