設定

WordPressでおすすめの初期設定【インストール後に見て下さい】

WordPressでおすすめの初期設定【インストール後に見て下さい】

こんにちは。ミタロウです。

 

レンタルサーバーにワードプレスがインストール出来たら、記事を書く前にまず最初の初期設定をしましょう。

記事を書いていって、後々カスタマイズする事もあると思いますが、今日やるのは下準備です。

後で変更すると面倒な所もあるので必ず最初にやっておきましょう。

 

WordPressでおすすめの初期設定

新規WordPressサイト立ち上げ時に、僕がいつも行っているオススメの初期設定方法を解説します。

 

 

WP Maintenance Modeのインストールと有効化

WP Maintenance Modeを使うと、「ある程度カスタマイズが終わって、誰かに見てもらってもいいかな。」といった公開しても良い準備が整うまで、サイトをメンテナンス中にして見れないように出来ます。

 

まぁ立ち上げたばかりのサイトの場合、Googleなどにインデックスされていない為、検索にかけても引っかからないと思うので、必須の作業ではないのですが、今後カスタマイズする時など何かのタイミングで使う事もあると思うので覚えておいて良いかと思います。

 

また、これをやればWordPressにプラグインをインストールするやり方も覚えられます。

 

・まず、Wordpressにログインするとこんな画面になっていると思います。

(2)の中にあるプラグインをクリック。

 

Wordpressの管理画面

・「新規追加」をクリック。

 

Wordpressのプラグイン追加

・右上の検索ボックスにプラグイン名「WP Maintenance Mode」と入力して検索して下さい。

 

Wordpressのプラグイン追加方法

・「今すぐインストール」をクリックしてインストールして下さい。

 

Wordpressのプラグインインストール

・「有効化」をクリックして下さい。

これでプラグインのインストールと有効化は出来ました。

WP Maintenance Modeの場合は設定もしてあげなくてはいけません。

 

Wordpressのプラグイン有効化

・「インストール済みプラグイン」をクリックしてから、WP Maintenance Modeの「設定」をクリック。

 

Wordpressのプラグイン設定

・一番上にある「状態」のチェックボックスを【有効化】にチェックを入れ、「設定を保存」をクリックすれば設定完了!

 

WP Maintenance Modeの設定

サイトを公開する準備が出来たら、この設定で【無効化】にし、公開する事も出来ますが、二個上の画像の「設定」の横にある【停止】プラグイン自体を無効化する事をおすすめします。

(インストール済みプラグインをクリックした画面ですね。)

 

公開にするのを忘れないように気をつけて下さい。

 

ポイント

使用するプラグインはなるべく少ない方がいいです。

・サイトパフォーマンス(読み込み速度)の低下やセキュリティーが脆くなります。

・プラグインが多いとエラーの原因にもなります。

 

一般設定【サイト名、キャッチフレーズ、URL統一化】

ここではサイト名、キャッチフレーズの設定(確認)とURLの統一化をします。

 

サイト名、キャッチフレーズは後からでも変更出来ます。

 

URLの統一化とは、「wwwあり」や「wwwなし」、「http」や「https」などのURLを一つに統一する事です。

統一しておかないと、サイトのドメインパワーがそれぞれのURLに分散してしまい、結果、検索順位が上がりにくくなってしまいますので絶対に設定しましょう。

また、これは必ず最初にやっておいた方がいい初期設定です。

後から変更しようとすると、場合によってはURLの書き換えや設定など面倒な事になるケースもあります。

 

結論から言うと、「httpsでwwwなし」に統一しましょう。

 

httpsとは、SSL化と言われていますが簡単に説明すると、httpのサイトよりセキュリティー面が強い通信方法のサイトの事です。

近年では常時SSL化されていないとSEO面でかなり不利になりますので、必ずhttpsに統一します。

 

「安全ではありません。」と出るのは常時SSL化されていないサイトです。なんとなく不安になりますよね?

 

もし仮に「wwwあり」や「http」でアクセスしたとしても、設定したURLに飛んでくれるので問題ありません。(リダイレクトと言います。)

 

 

・Wordpressの管理画面の(2)の中から「設定」→「一般」をクリックして下さい。

 

Wordpressの管理画面

・「サイトのタイトル」にサイト名。

・「キャッチフレーズ」にそのサイトの内容を簡単に説明するようなキャッチフレーズを。(例…Official Websiteや、○○のブログなど。なくても大丈夫です。)

・「サイトアドレス」に「https://サイトのドメイン」を入力して「変更を保存」をクリックして下さい。

「WordPressアドレス」と同じURLになれば、URLが統一化されます。

 

WordpressのURL統一化

URLを変更すると、一度自動的に管理画面からログアウトする事がありますが、正常ですので安心して下さい。

以上でサイト名、キャッチフレーズ、URL統一化は完了です。

 

試しに「httpのwwwあり」と「httpのwwwなし」、「httpsのwwwあり」の三つでアクセスしてみて下さい。

「httpsのwwwなし」に接続されればOKです。

 

「httpsのwwwなし」にリダイレクトされない場合は、レンタルサーバーでリダイレクトの設定をするか、「.htaccess」の編集が必要になります。

WordPressでリダイレクトのやり方【.htaccessとmixhostで解説】

 

パーマリンク設定

ブログの記事更新時に、更新した記事にURLが出来ますよね。

パーマリンク設定をする事によって、そのURLをどういったものにするか決める事が出来ます。

日付ありなしや、id(数字)にしたりなど。

これも必ず最初にやっておいた方がいい初期設定です。

 

おすすめは「投稿名」です。

 

・Wordpressの管理画面から「設定」→「パーマリンク設定」をクリック。

・「投稿名」にチェックを入れ、「変更を保存」をクリックすれば設定完了です。

 

Wordpressのパーマリンク設定

パーマリンクを投稿名にすると、ブログ記事のタイトルがURLになります。

【https://サイトのドメイン/ブログ記事のタイトル】

このようになります。

タイトルによってはそのままで行けると思いますが、記事投稿画面で「パーマリンクの編集」からどんな記事なのか、分かり易いように編集すると良いですよ。

 

Wordpressのパーマリンク編集

 

ポイント

あまり長くならないように編集。

日本語の所は英語、もしくはローマ字にしましょう。

日本語だとエラーになりやすいです。

 

Classic Editor(プラグイン)のインストールと有効化

最新のWordpressの固定ページと投稿画面は、Gutenberg(グーテンベルク)エディターと言います。

以前からWordpressを使っている方はご存知だと思いますが、これがまた使いにくくてですね。。

テーマテンプレートやプラグインが対応していない場合もあります。(2020年現在)

 

そんな場合は、以前のClassic Editor(クラシックエディター)に戻しちゃいましょう!

方法はめちゃくちゃ簡単です!

プラグインの「Classic Editor」をインストールして有効化するだけです。

 

WP Maintenance Modeのインストールの時と同じように、管理画面からプラグインを新規追加と進み、「Classic Editor」をインストールして下さい。

インストール出来たらそのまま有効化して下さい。

こちらは特に設定などは必要ありません。

 

Classic Editorのインストール

 

自動バックアップ設定

これからサイトを運営、管理していく中でテーマのカスタマイズやプラグイン、テーマの更新などをする時にエラーが出る事もあると思います。

長く運営を続けていけば必ず一度以上は経験するでしょう。

そうなった時にバックアップデータが有るのと、無いのでは天と地ほどの差があります。

バックアップデータが有ればすぐに元に戻せますが、無い場合はどうしようもありません。

 

折角育ててきたサイトが無くなってしまいます。

 

そうならない為にも、最初からバックアップの設定はしておきましょう。

 

「BackWPup」というプラグインを使うのが簡単ですし王道です。

最初に設定してしまえば後はほったらかしで大丈夫です。

自動的にバックアップし続けてくれます。

BackWPupの使い方【WordPressバックアップのやり方】

 

また、レンタルサーバーによっては自動バックアップが標準で付いているものもあります。

エックスサーバーとmixhostはそうですね。

WordPressの自動バックアップ機能【各サーバーで解説】

 

ですが、サーバーの自動バックアップを鵜呑みにして自分でバックアップを取らないのは良くないですよ。

サーバーのバックアップも100%全てを保証してくれるわけではないですからね。

 

メタ情報の削除

最後にメタ情報の削除です。

これの事ですね。

 

メタ情報

これは消さなきゃいけないわけではないですが、誰もが管理画面のログインページにアクセス出来るようになってしまうので、消した方が良いと思います。

 

・やり方は、まず「外観」→「カスタマイズ」と進んで下さい。

もしくはプレビュー画面の上にある「カスタマイズ」をクリックでも大丈夫です。

※下の画像の(1)サイトを確認の所「サイトタイトル」をクリックすればプレビュー画面になり、サイトのレイアウト・見え方が確認出来ます。

 

Wordpressの管理画面

-プレビュー画面-

Wordpressのプレビュー画面

・以下のような画面になるので、「ウィジェット」をクリック。

 

Wordpressのウィジェット編集

・テーマによって内容は異なりますが、以下の画像のような感じになります。

その中から「メタ情報」を探して下さい。サイドバーとかにある事が多いです。

 

Wordpressのウィジェット編集画面

・見つかったら「メタ情報」をクリック。

・次に「削除」をクリックして、画面左上にある「公開」をクリックすれば完了です。

 

Wordpressのメタ情報のウィジェット編集

 

以上でサイト立ち上げ時の初期設定は完了です。

ここまでやれば少しWordPressを理解し始めたんではないでしょうか?

ここからは本格的にサイトの運営が始まります。

 

・必要なプラグインをインストール。

・記事を書く。

・必要に応じてカスタマイズする。

・記事を書く。【サイトを育てていく。】

こんな流れですね。

 

また、テーマによってはページの一番下(フッター)にあるコピーライトが自分のサイト名ではない場合があります。

(例えば「Proudly powered by WordPress」やテンプレートの名前だったり。)

 

その場合は、コードを自分で編集する必要があります。

そのやり方も近いうちにアップしますね。

コピーライトの変更方法の記事をアップしました。参考にどうぞ。

WordPressでフッターのコピーライトを変更する方法

 

 

長かった準備もやっと整いました。

どんなサイトにするか、イメージしながら育てて行きましょう。

 

今日はここまで。

 

 

サイトの公開をして本格的な運営が始まったら、サイトマップも作りましょう。

簡単!!プラグインを使ったサイトマップの作り方【WordPress】

 

無料アクセス解析ツールのGoogleアナリティクスと、サーチコンソールも両方登録しておきましょう。

どんなキーワードで検索されたのか。

何回表示されて、何回クリックされたのか。

サイトの滞在時間や離脱率、直帰率、エラーページの確認などが出来るようになります。

Googleアナリティクスの設定方法と使い方

【画像で解説】Googleサーチコンソールの登録方法と使い方

 

 

WordPressのオススメのプラグイン
WordPressで本当に必要なオススメのプラグイン7選

プラグインは便利なものが多く、ついつい沢山使ってしまうと思います。ですが使いすぎはバグの元ですよ。サイトのパフォーマンス低下、重くなってしまう他、エラーの原因にもなってしまいます。本当に必要なプラグインだけを使いましょう。ここではおすすめを7つピックアップしました。

続きを見る

WordPressでSEOに強いおすすめのテーマ【厳選】
WordPressでSEOに強いおすすめのテーマ【無料テーマ有】

WordPressのテーマは何を使っていますか?本気でサイト、ブログを始めたいなら有料テーマ。とりあえずブログやホームページを作りたいといった方は無料テーマで十分です。一番大事なポイントは、SEOに強い事です。デザインは後からカスタマイズ出来ます。

続きを見る

WordPressのおしゃれなオススメテーマ【無料テーマ有】
WordPressのおしゃれなオススメテーマ【無料テーマ有】

WordPressでおしゃれなホームページ、ブログなどのサイトを作りたいという方は、最初からデザイン性の高いテーマを利用しましょう。
無料テーマでもお洒落なテーマはありますが、有料テーマも視野に入れると、イメージに近いテーマを見つけやすいと思います。

続きを見る

-設定
-

© 2020 mitanote