SEO

簡単!!プラグインを使ったサイトマップの作り方【WordPress】

簡単!!プラグインを使ったサイトマップの作り方【WordPress】

こんにちは。ミタロウです。

 

サイトマップには「XMLサイトマップ」と「HTMLサイトマップ」の二種類があるのをご存知ですか?

 

・「XMLサイトマップ」は検索エンジンに対して作るサイトマップ。

・「HTMLサイトマップ」はサイトを閲覧している人に対して見せる、おそらく皆さんがイメージしているサイトマップです。

 

結論から先に言うと、「XMLサイトマップ」は絶対に作りましょう。

 

XMLサイトマップを作って「Googleサーチコンソール」に送信する事によって、サイト内のページが全て検索エンジンにクロールされるので、深い階層のページもインデックスされるようになります。

分かりやすく言えば、検索ページに出るようになります。

また、インデックスされるのも早くなりますよ。

SEOの最適化の為にはXMLサイトマップは必須です。

 

一方「HTMLサイトマップ」はなくても大丈夫です。

あったらあったでユーザーに対して便利ですので、記事数が増えてきたら作りましょう。

ページの設定は「noindexとfollow」がいいと思います。

 

今日はWordPressでのサイトマップの作り方と、Googleサーチコンソールへの送信方法を画像付きで解説します。

 

 

WordPressでプラグインを使ったサイトマップの作り方

WordPressでプラグインを使ったサイトマップの作り方

XMLサイトマップとHTMLサイトマップ、二つとも作り方はWordPressならめちゃくちゃ簡単です。

 

・XMLサイトマップはプラグイン「Google XML Sitemaps」をインストールして設定するだけ。

・HTMLサイトマップであれば、プラグインは「WP Sitemap Page」です。

どちらもタグやコードをいじらなくても出来るので、初心者でも出来ますよ。

※WP Sitemap Pageでは簡単なコピペはあります。

 

XMLサイトマップの作り方

・WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」と進み、「Google XML Sitemaps」を検索。

 

Google XML Sitemapsのインストール

僕は既にインストール、有効化済みなので有効となっていますが、「今すぐインストール」と出るはずなので、インストールしてそのまま有効化して下さい。

 

・次に管理画面の「設定」から「XML-Sitemap」をクリックしてXMLサイトマップの設定を行います。

設定は以下の通りです。

 

Google XML Sitemapsの設定

・僕は「Sitemap コンテンツ」の固定ページにチェックを入れてませんが、もし固定ページにもインデックスさせたいページがある場合、ここにチェックを入れ、一番下の優先順位の設定で固定ページの優先順位の数値を上げて下さい。0.0〜1.0が最重要です。

固定ページに企業説明、プライバシーポリシー、お問い合わせなど、検索上位にこなくても良いものしかなければ、チェック無しでいいと思います。

 

・その下の「Excluded Items」では、サイトマップに含めたくないカテゴリーがある場合、チェックを入れます。

・単体でサイトマップに含めたくない記事がある場合、その記事のIDを入力します。

複数ある場合は、上記の画像のようにカンマで区切って下さい。

※記事のIDは固定ページ、投稿一覧画面で確認出来ます。

 

記事のIDの確認方法

・「設定を更新」をクリックして設定完了です。

 

・画像一番上のURL(あなたのサイトのインデックスファイルのURL)を、後ほどGoogleサーチコンソールへ送信します。

このURLをクリックすると以下のような画面になると思いますので確認してみて下さい。

 

サイトマップインデックスファイル

 

HTMLサイトマップの作り方

・WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」と進み、「WP Sitemap Page」を検索。

 

WP Sitemap Pageのインストール

・インストールしてそのまま有効化して下さい。

 

・次に管理画面の「設定」から「WP Sitemap Page」をクリック。

HTMLサイトマップの設定を行います。

 

WP Sitemap Pageの設定画面

・「Exclude Custom Post Type」でサイトマップから除外するものを選択。

Pageは固定ページ、Postは投稿の事を意味しています。

アーカイブ「Archive」と著者ページ「Author」は除外(チェック有)でいいと思います。

 

固定ページはサイトによると思いますので、ご自身の判断で。

サイト閲覧者が見て便利だなと感じるページがあるのであれば、サイトマップにのせた方がいいと思います。

ユーザビリティの向上はSEOに効果がありますので、ユーザーの目線で考えて必要か、不必要か見定めましょう。

 

このサイトでは上の画像の設定、投稿のみ出力する設定にしています。

 

・「設定を保存」をクリックしたら設定は完了です。

 

次は実際にHTMLサイトマップを表示するページを作りましょう。

 

・管理画面の「固定ページ」→「新規追加」をクリック。

必須ではありませんが、パーマリンクは【sitemap】に設定しましょう。

 

プラグインでHTMLサイトマップの作り方。

・indexは「noindexとfollow」がおすすめの設定です。

nofollowではありませんよ。

noindexとnofollowとは?【SEO最適化】

 

理由は、リンクばっかりのHTMLサイトマップは、Googleに評価してほしくないからです。(いい評価はもらえない為。)

ですが、リンク先のページは辿らせたいのでfollowにします。

-追記-

最近知ったのですが、「noindexとfollow」の設定にしていても、時間の経過と共に「noindexとnofollow」になるようですので、「noindexとnofollow」でも、長期的に見たら変わらなそうです。

 

GoogleのJohn Mueller氏のコメント

noindexとfollowが設定されていると、初期の段階では、そのページをインデックスに保存しつつも検索結果には表示せず、リンクもたどる。

しかし私たちが考えていたよりも長い期間noindexが設定されている状態が続くと、もうこのページは検索に使ってほしくないんだなと判断しインデックスから完全に削除する。
そして、そのページにあるリンクをたどらなくなる。

したがって、“noindex,follow”は本質的には“noindex,nofollow”と同じだ。
長期的には違いはなくなる。

引用元-海外SEO情報ブログ

 

 

プラグインのAll In One SEO Packをインストールしている方は、下の方に「noindexを使用する」とあるのでチェックを入れればOKです!

followは、何もしなければfollowになっているので大丈夫です。

WordPressで本当に必要なオススメのプラグイン7選

 

・最後に、本文の所に以下のコードをコピペすれば完了です。

管理画面の「設定」→「WP Sitemap Page」→「How to use」タブをクリックして下さい。

縦にズラーっとコードが並んでいますが、一番上の赤枠のコードです。

 

WP Sitemap PageでHTMLサイトマップの作り方。

赤枠の下のコードは、固定ページだけを表示させたり、カテゴリーだけを表示させたりなどといったコードになっています。

特殊な使い方をしない限りは、一番上の赤枠のコードですね。(To display a traditionnal sitemapの所。)

 

・固定ページを公開すれば、HTMLサイトマップの作成は完了です。

ちゃんと表示できているか確認してみて下さい。

 

ポイント

HTMLサイトマップはGoogleサーチコンソールへ送信しません。

検索エンジン用のXMLサイトマップだけGoogleサーチコンソールへ送信します。

 

Googleサーチコンソールへのサイトマップ送信方法

Googleサーチコンソールへのサイトマップ送信方法

XMLサイトマップが用意できたら、忘れずにGoogleサーチコンソールへ送信しましょう。

Googleサーチコンソールの登録がまだ出来ていない方は、こちらの記事を参考に登録設定をして下さい。

【画像で解説】Googleサーチコンソールの登録方法と使い方

 

・Googleサーチコンソール(通称サチコ)へログインし、インデックスの中にある「サイトマップ」をクリックして下さい。

 

・「新しいサイトマップの追加」にXMLサイトマップのURLを入力して「送信」をクリック。

以下の画像のようにステータスが「成功しました」となれば完了です!

 

Googleサーチコンソール

ここで送るサイトマップは

/sitemap.xml

/sitemap.xml.gz    (gzはXMLサイトマップの圧縮版です。URLの最後に「.gz」を付け足して送信して下さい。)

/feed    (RSSフィードURLです。)

 

この三つを送信しておきましょう。

 

/sitemap.xmlは「Google XML Sitemaps」の設定画面、一番上の方に記載されているURLです。

 

RSSフィードURLが分からない方は、自分のサイトのURLを、こちらのサイトで検索にかけると分かります。

BeRSS

BeRSS

 

エラーがある場合はGoogleサーチコンソールの「ガバレッジ」にエラーの警告が出るので、定期的に確認しましょう。

XMLサイトマップに含まれているページが、noindexのページだったりするとエラーが出ます。

 

XMLサイトマップに「お問い合わせ」を含めているが、お問い合わせページにnoindexがかかっているなど。

 

その場合、XMLサイトマップからnoindexのページを除外(含めない設定)にしましょう。

 

 

これでサイトマップの設置、送信は全て完了です。

あとは良質な記事を量産していくだけですね!

 

お疲れ様でした。

-SEO
-,

© 2020 mitanote