カスタマイズ

WordPressでSEOに強いおすすめのテーマ【無料テーマ有】

WordPressでSEOに強いおすすめのテーマ【厳選】

こんにちは。ミタロウです。

 

WordPressのテーマは何を使っていますか?

無料のテーマと有料のテーマ、数えきれないほどのテーマが存在していますが、WordPress初心者の方ですと、何を選んでいいか分からないと思います。

 

結論から言いますと、本気でサイト、ブログを始めたいなら有料テーマ。

とりあえずブログやホームページを作りたい、と言う方は無料テーマで十分です。

 

ズラーっとおすすめのWordPressテーマを並べているサイトもよくありますが、ここでは本当におすすめのテーマだけを厳選してピックアップしました。

 

今回おすすめするテーマで、一番大事なポイントにしたのは【SEOに強い事】です。

それが、直接集客や稼ぐ事に一番つながりますからね。

 

細かなデザインなどは、HTML、CSS、PHPなどでいくらでもカスタマイズ出来ます。

ですので、デザイン重視のものは除いてあります。

SEO集客をあまり必要としないサイトなどの場合は、デザインが気に入ったものを選べばいいと思います。

WordPressのおしゃれなオススメテーマ【無料テーマ有】

 

海外のテーマテンプレートなどは、お洒落なデザインも多いですが、日本語に適した構造になっていなかったり、SEO内部対策がしっかりとされていなかったりしますので、ご注意を。(例えば、パンくずリストやh1タグの位置など。)

 

有料テーマを使用する最大のメリットは以下です。

  • 難しいカスタマイズが不要
  • クリック回数計測ツールや広告ユニットなど、運営管理において便利な機能
  • SEO内部対策

有料テーマの場合、コーディングの知識がなくても、それらしいデザインにする事が出来ます。

オリジナリティー溢れる個性的なデザインにしたい場合は、コードの知識も必要になりますが、カスタマイズにかける時間は大幅に短縮されます。

 

また、アフィリエイト広告の貼り付け機能や記事の目次機能、クリック回数計測ツールや吹き出しデザイン、マーカーなど、あると便利な機能が最初から備わっているものが多いです。(テーマによります。)

 

全ての有料テーマがSEOに強いわけではありません。

SEOに強いと謳っているテーマは、内部対策がしっかりと施されている為、うまくサイトを運営する事でSEO集客が強くなります。

 

今日ご紹介するテーマは、全てスマホなどのレスポンシブ対応のテーマです。

 

 

WordPressでSEOに強いおすすめのテーマ【厳選】

-有料テーマ-

-無料テーマ-

 

特にブログやアフィリエイトサイトで稼ぐ、SEOに強いサイトにしたい場合は、Affinger5か賢威がオススメです。

僕は両方持っていますが、最近はAffinger5ばかり使っています。

理由は、使いやすい&カスタマイズが楽だからです。

 

Affinger5(有料テーマ)

Affinger5

SEO・稼ぐに特化したテーマです。(このブログのテーマはAffinger5です。)

デザインは特別な個性はありませんが、これで十分です。

機能はこれでもかっていうぐらいに充実してます。

 

noindex,nofollowの設定、メタディスクリプションとメタキーワードも投稿画面で設定できるので、定番のプラグイン「All In One SEO Pack」も必要ありません。

プラグインが少ないとサイトのパフォーマンス、セキュリティーも向上されるので嬉しい機能ですね。

 

Affinger5は単体ですと14,800円。

 

僕はこのテーマがすごく気に入って、その後上位版のAFFINGER5EXにアップグレード。(12,000円)

ブログカード外部URL対応プラグイン購入。(3,800円)

SUGOI MOKUJI(すごいもくじ)[PRO] 購入。(5,980 円)

 

とかかった金額は総額36,580円ほど。

 

AFFINGERタグ管理マネージャー3というアフィリエイトリンクや広告の一括管理と、CTR(クリック数と表示回数)を管理できるプラグインもあるのですが、欲しいなーと思いつつ買っていません。なぜなら21,800円もするからです。。

 

最初からまとめ買いをしていれば、 AFFINGER5の上位版のAFFINGER5EXとAFFINGERタグ管理マネージャー3、ABテストプラグインの三つが39,800円で購入できます。

13,600円割引きされているのでお得です。

 

本気でサイト運営をしていきたいのであれば、最初からこのまとめ買いセットAFFINGER PACK3の方がオススメです。

 

と言っても初心者の方ですと、大きな出費ですよね。。

そういう方はAFFINGER5を単体で買って、慣れてきたら欲しい機能に合わせて徐々にアップグレードしていく方法でも良いと思いますよ。

 

僕はAFFINGER5を買った時は、初心者ではありませんでしたが、ビビって単体で購入しました。

今思えばまとめ買いしておけばよかったな。と少し後悔していますが。。

 

AFFINGER5とEXの違いは、EXだと使える機能が多いという事です。

例えば関連記事や記事一覧でカード型のデザインが使えたり、スライドショーにする事が出来たりします。

このブログの一番下の関連記事もカード型のデザインにしてあります。

トップページの記事一覧もカード型のデザインです。

 

賢威(有料テーマ)



賢威もSEO対策がされているテーマです。

昔からSEOに強いテーマとして有名で、僕は最初にこれを買いました。

 

僕が思う賢威のいいところは、新しいバージョンが出た時に、無償でバージョンアップ出来るという事です。

他のテーマは、バージョン毎に購入する必要があるものがほとんどです。

 

僕が買ったのは何年も前ですが、今でも最新のバージョンをダウンロード出来ます。(現在の最新バージョンは8です。)

デザインも何パターンか用意されているので、最初からイメージに近いデザインを選ぶ事もできます。

その代わり、24,800円と少し値段は高めです。

 

逆にデメリットは、コーディングの知識がある程度必要とされる事です。

HTML、CSSを多少でもいじった事のある方であれば大丈夫だと思いますが、まったくいじった事のない初心者の方ですと、最初なれるまでちょっと難しいかもしれません。

 

WordPressのテーマには子テーマというものがあります。

子テーマとは、カスタマイズをする際に、管理しやすくする為のテーマの事です。

元となるテーマ(親テーマ)と子テーマの二つをインストールして、子テーマで運営をしていくのが基本です。

WordPressの子テーマの作り方とメリット【大事です】

 

初心者の方は、まずここでつまずくと思います。

賢威の場合、「style.css」というファイルに、親テーマのテンプレート名を記述してアップロードしなくてはいけないからです。

こんな感じになります。

賢威の子テーマ

 

長くサイト運営を続けていけるのであれば、賢威はコストパフォーマンスも良く、HTML、CSS、PHPなどのプログラミング知識も勉強できるのでオススメですが、先ほどのAffinger5であれば、そういった知識が全くなくても、やりたいと思っている事はほとんど出来ると思います。

賢威には、フォーラムというものがあり、ここを見れば大体の事は解決すると思いますので、勉強も兼ねて賢威を使用するのもありですね。

ちなみに賢威を購入すると、WordPressテーマとHTMLのテンプレート、どちらもダウンロード出来るので、WordPress以外にもHTMLのコーポレートサイトやネットショップ等、色々なサイトを作ってみたいという方にもオススメです。

 

THE THOR(有料テーマ)

THE THOR

THE THOR(ザ・トール)もSEOに強いテーマです。

価格は14,800円

 

affinger5と比較される事が多いですが、affinger5で色々やろうとすると、別途プラグインを購入する必要があるのですが、THE THORの場合、もともとの状態で一通りの機能が付いているので、安上がりになります。

しかし、追求するのであれば、affinger5の方が痒いところに手が届きます。(タグの入力や目次クリックの計測など。)

 

デザイン着せ替え機能でデモサイトのデザイン(スタイル)をダウンロードして、自分のサイトにコピーできるので、かっこいい、お洒落なサイトが簡単に作れます。

 

STINGER8(無料テーマ)

Stinger8

ここから下は無料のテーマです。

 

STINGER8は、有料テーマ「affinger5」と同じ製作者「ENJI」さんが製作した無料テーマです。

とてもシンプルですが、SEOに強い事が有名で、初心者の方にはおすすめです。

 

Cocoon(無料テーマ)

Cocoon

Cocoonは、有名なSimplicityという無料テーマと同じ製作者「わいひら」さんが製作した無料テーマです。

Simplicityの進化版にあたるテーマで、両者を比較するとSimplicityよりCocoonの方が機能面、性能面で上ですので、Cocoonをオススメします。

同じくシンプルなテーマですが、SEO対策もしっかりとされていて、無料テーマですが、AMP対応やSNSシェアボタン、ブログカードなど、機能も充実しています。

 

Luxeritas(無料テーマ)

Luxeritas

LuxeritasもシンプルでSEOに強い無料テーマです。

特にページ速度が速い事で定評があります。

 

ページ速度が速いと、サイトの直帰率が下がりますので、SEO対策において重要な事の一つです。

 

Xeory(無料テーマ)

Xeory

有名なWebマーケティング専門サイトのバズ部が提供している無料テーマのXeory。

めちゃくちゃシンプルで、どちらかと言うと、自分でカスタマイズしていく人の為のベースや、企業・コーポレートサイトなどに適していると思います。

もちろん基本的なSEO対策は施されています。

中級者向け。

 

他サイトのテーマ・デザインを参考にカスタマイズする方法

他サイトのテーマ・デザインを参考にカスタマイズする方法

Googleクロームのデベロッパーツールか、Safariの開発ツールを使って、参考にしたいサイト、ページのコードを見る事が出来ます。

使用しているテーマも分かったりしますよ。

デベロッパーツールとSafari開発の使い方【必見WordPress編集のコツ】

 

まるコピーはよくないので、あくまで参考程度に使用して下さいね。

サイトのコーディングでのカスタマイズ、バグやエラーの修正時には必須の超便利ツールなので、使い方が分からない方は、是非覚えておいてください。

 

WordPressの本当におすすめのテーマまとめ

・本気でブログ・サイトを運営していきたい人は有料テーマ。

 

・初心者の方で、とりあえずWordPressに挑戦してみたい方は、無料のテーマでもいいと思います。

慣れてきたら有料テーマに変更すればいいですからね。

 

テーマ変更時の注意点として、テーマ独自のショートコードや、アナリティクス、サーチコンソールの設定、プラグインやメタディスクリプション、メタキーワードの設定など、新しいテーマに合ったものにしなくてはいけません。

 

記事が大量に増えてきた場合、テーマの変更は結構面倒くさいので、そこそこサイトが育ってきたタイミングでどうするか考えた方が良いですよ。

 

有料テーマのおすすめランキング

この記事で紹介した有料テーマのおすすめランキングは以下です。

テーマ選びの参考にして下さい。

Affinger5

Affinger5

1位【おすすめ度

14,800円〜39,800円(セット料金)

「複数サイト利用可」

迷ったら、これにしておけば間違いないです。

 

ネット上でAffinger5の情報は、ごまんとあるので困った時に対処しやすいというメリットがあります。

これは、実際に運営し出してみると実感出来ると思います。

 

機能も盛りだくさんで、やりたいと思う事は大抵出来ると思います。

コーポレートサイトやお店のHP、ブログなど何にでも使えます。

 

一番のおすすめです。

 

ちょっと高いですが、AFFINGER5の上位版「AFFINGER5EX」と「AFFINGERタグ管理マネージャー3」、「ABテストプラグイン」のお得なセットAFFINGER PACK3もあります。

 

賢威

2位【おすすめ度

24,800円 「複数サイト利用可」

SEOに強い、カスタマイズ前提のテーマテンプレートという意味合いで言えば、一番のおすすめですが、賢威は中級者向けです。

一番のメリットは、バージョンアップをしても、追加料金はかからないという事と、分からない事があれば賢威のフォーラムや、ネット上で解決策を知る事が出来る事です。

 

あーでもない、こーでもない、とやっている内にコーディングの知識も得られるので、職人気質の自分で努力して覚えたい人には、特におすすめです。

 

ぶっちゃけると、知識さえあればテーマはなんでも良いです。

その知識を得るために、経験をしなくてはいけません。

 

コードやタグは初心者の方にはとっつきにくく、本当に難しいと思います。

エラーやバグ、思い通りにいかないカスタマイズ。

たくさん失敗、挑戦をしてスキルとノウハウを積み上げていきます。

 

インターネットの社会では2、3テンポ遅れて結果が出てきます。

モヤモヤした気持ちを一定期間耐え抜く必要があるのですが、それを耐え抜いた人だけが、新しいステップを踏めるんだと思います。

 

そういう意味で、賢威は自分を育ててくれるテーマとも言えます。

一度カスタマイズしてしまえば、他のサイトでも同じ手順、コードですぐに同じレイアウトのサイトも作れますよ。

 

同じくコーポレートサイトやお店のHP、ブログなど何にでも使えます。

 

THE THOR

THE THOR

3位【おすすめ度

14,800円 「複数サイト利用可」

THE THOR(ザ・トール)は、この有料テーマの中では一番安く収まります。

金額に拘らなければAffinger5の方がおすすめですが、ものすごく大きな差ではありません。

※Affinger5も単体でしたら同じ金額ですが、便利すぎる機能を求め、プラグインやアップグレードをしてしまう人が多い為。

 

あとはデザインが好みのものを選ぶと良いと思います。

もちろんカスタマイズでデザインを変更する事は出来るのですが、最初からイメージに近いテーマの方が、コーディングの手間も少なく楽ですからね。

 

こちらもコーポレートサイトやお店のHP、ブログなど何にでも使えます。

 

無料テーマのおすすめランキング

ここから下は、無料のおすすめランキングです。

テーマ選びの参考にして下さい。

無料のテーマですので、全て複数サイト利用可です。

 

Cocoon

Cocoon

1位【おすすめ度

有料テーマはまだちょっと。。

という方にはCocoonを一番おすすめします。

デメリットとしては、デザインがシンプルなので、カスタマイズしたい場合には、HTMLやCSSの知識が必要になります。

 

無料テーマで試してコードの知識を得てから有料テーマに移行する。という流れでも良いと思いますが、テーマ移行(変更)は結構めんどくさいので、そこも勉強と捉えましょう。

頑張ってカスタマイズすれば、凝ったサイトにする事も可能ですよ。

 

デザインや便利な機能などよりも、サイトの中身(記事など)重視の方にはおすすめです。

 

Luxeritas

Luxeritas

2位【おすすめ度

Luxeritasもシンプルで、とにかくページ速度が速い無料テーマです。

同じくカスタマイズしたい場合には、HTMLやCSSの知識が必要になります。

最大のデメリットは、フッター(サイトの一番下の部分)に以下のような提供元が表示されてしまう事です。

「WordPress Luxeritas Theme is provided by “Thought is free".」

これを消すには、有料のプラグイン(5,230円)を購入する必要があります。

 

この提供元の一行は、あって悪いものではありませんが、自分のサイトにオリジナリティーを出したい場合は、消したくなりますよね。

有料テーマと比較をすれば5,230円は安いですが、この金額をどう捉えるかはあなた次第です。

 

STINGER8

Stinger8

3位【おすすめ度

STINGER8もとにかくシンプル。

必要なSEO対策は施されているので、カスタマイズ前提での使用、もしくはブログ記事さえ書ければ良いという方におすすめします。

 

Xeory

Xeory

4位【おすすめ度

Xeoryも非常にシンプルで、カスタマイズ前提での使用の場合にはおすすめです。

「一からオリジナルのサイトを作りたい。」

「WordPressの勉強をしたい。」

という方におすすめします。

 

 

気になるテーマは見つかりましたか?

テーマをインストールしたら、ネットでググりながら色々カスタマイズしてみて下さい。

ここにあげたテーマでしたら、大抵のことは情報が載っていると思います。

そうする事で、WordPressやコードの知識も身についてきます。

 

知識が付いてくると有料テーマのすごさ、便利さが実感できると思います。

 

今日は以上です。

-カスタマイズ
-, ,

© 2020 mitanote