Wordpress

エックスサーバーがWordPress初心者におすすめな理由【比較有】

エックスサーバーがWordpress初心者におすすめな理由【比較有】

こんにちは!ミタロウです。

今日は「Wordpressでサイトやブログを作りたい方」

もしくは既に「他のレンタルサーバーでサイトを持っていてエックスサーバーにも興味があるよっ」という方へ向けてエックスサーバーの、

「ここがおすすめ!」という所【メリット】と

「ここはちょっとイマイチだな。」といった所【デメリット】をご紹介します。

 

この記事はWordpressを含むWeb関係にあまり慣れていない初心者の方には特におすすめです。

他のサーバーとの比較もありますので、レンタルサーバー選びの参考にして下さい。

 

 

エックスサーバーがWordPress初心者におすすめな理由

エックスサーバーがおすすめな理由はズバリ!

メリット

・安定性とサポート

・自動バックアップ機能

・ネット上での情報が多い

・独自ドメインの設定が簡単

・独自SSLが無料

です。

三つ目の「ネット上での情報が多い」ですが、情報が多ければ多いほど困った時に役立ちます。

情報が少ないと自分の知識でトラブルに対処しなくてはならないですからね。。。

 

安定性とサポート

安定性に関しては折り紙付きです。

老舗のレンタルサーバーだからこその安定性。大量アクセスにも強く、稼働率99.99%以上の安定した動作が保証されています。

電源、空調、防火システム完備で国内データセンターで管理されているのも安心ですね。

仕事で使うサーバーとしても、副業でアフィリエイトサイト、ブログを始めたい方にも安心しておすすめできます。

 

サポートに関しては、24時間365日メールで対応してくれます。

電話だと平日の10:00〜18:00の間であれば対応してくれます。

 

これは初心者の方には嬉しいですね。

 

-他レンタルサーバーとの比較-

・対抗馬のmixhostは電話サポート対応なし。

・ロリポップはスタンダードプラン以上でないと電話サポート対応なし。

・さくらインターネットは電話サポート対応有。

 

自動バックアップ機能

サイトをカスタマイズしてみたのはいいものの、レイアウトが崩れて元に戻せなくなった。

WordPressやプラグインを更新してエラーが出た。

間違えて記事やファイル、データを消してしまい元に戻せなくなってしまった。

 

こんな時でも自動バックアップ機能があれば、ほとんどのケースで復元、元に戻せます。

 

エックスサーバーでは全てのプランで契約した瞬間から自動的にバックアップをとってくれています

ただし復元(バックアップデータをもらう)には手数料がかかってしまいます。

ファイルの場合… 税抜10,000円

データベースの場合… ※税抜5,000円

※【過去7日分までのMySQLデータベースの復元】であれば無料です。

ファイルにはサイトのテーマやプラグインなどのデータ、データベースには記事(文章)やWordpress内でカスタマイズした設定などのデータが保存されています。

 

普段から自分でバックアップをとっていれば済む話なんですけど、まだ慣れていない方、右も左も分からない方だとバックアップをとっていない方も多いんではないかと思います。

過去の自分もそうでした。

「よく分からないからいいや。」

 

と思っていましたが、そのままだと近い将来泣きたくなるような絶望感を味わう事になると思います。

 

そんな時でも自動バックアップ機能が、天使の如く助け舟を出してくれるでしょう。

エックスサーバーの自動バックアップ復元方法

 

レンタルサーバーの自動バックアップ機能は便利ですが、100%全てが保証されるわけではないので、Wordpressを導入したらまずバックアップの設定をしてしまいましょう。

一度設定したら、あとは放置していても自動的にバックアップし続けてくれるので、いじるのは最初だけです。この方法なら復元を含め、全て無料ですよ。

BackWPupの使い方【WordPressバックアップのやり方】

 

エックスサーバーはネット上での情報が多い

最初に少し触れましたが、エックスサーバーはネット上での情報が非常に多いです。

それだけ多くの人に使われているという事ですね。

 

FTPの接続や設定、バックアップの復元方法、独自ドメインの設定やWordpressの導入方法など困った時はググれば大体解決します。

まだ慣れていない初心者の方には大きなメリットの一つだと思います。

 

独自ドメインの設定が簡単

独自ドメインとは、このサイトで言うと

「https://mitanote.com/xserver」

mitanote.comの部分です。

インターネット上での住所、名前のようなものです。

 

エックスサーバーで独自ドメインの取得も出来るので、面倒な設定も不必要で、簡単に自分の好きなドメインで運営を開始できます。

(既に誰かに取得されている独自ドメインは取得出来ません。)

 

もちろんエックスサーバー以外でドメインを取得し、そのドメインをエックスサーバーで運営する事も出来ますよ。

その方がコストはいくらか安く収まると思います。

(例えばお名前.comムームードメインなど。)

コスパが良く、一番のおすすめは「お名前.com」です。

お名前.comで独自ドメインを取得する方法【注意点有り】

 

エックスサーバー契約時に、独自ドメインを一つ無料でプレゼントしてもらえるキャンペーンをしょっちゅうやっているので、最初の一つ目はエックスサーバーでドメイン取得するとお得です。

 

独自SSLが無料

独自SSLとは、データのやりとりなどのセキュリティー面を、暗号化して強化する仕組みのことです。

 

ネットサーフィンをしていて一部のサイトを開いた時に、

「安全ではありません」

と出た事はありませんか?

 

これはSSLに設定されていないサイトを開いた時に出る警告です。

 

SSLに設定しておかないとSEO面で不利になりますので、ある意味必須の設定なのですが、エックスサーバーでは無料で独自ドメインにSSL設定ができます。

設定も簡単です。

サーバーパネルの独自ドメインを設定する画面で「無料独自SSLを利用する」にチェックを入れるだけです。

 

エックスサーバーのSSL

ちなみにSSLに設定をすると、URLの先頭がhttp://〜からhttps://〜となります。

 

エックスサーバーのデメリット

1. 他のレンタルサーバーと比較すると値段が高めです。その分安定性やスペック等がいいんですけどここをどう捉えるかですね。

仕事で使う、または本気でやってみようと思うならデメリットにならないと思います。

 

2. 自動バックアップの復元(データ引き渡し)が有料。

(※ただし過去7日分までのMySQLデータベースの復元であれば無料です)

これは自分でもバックアップをとっていれば問題ないです。

 

3.マッチングアプリ(出会い系)、アダルト系NG。

これも考えようですね。必要ない方には全く必要ないですし、その分安定性はあるのかなと。

 

エックスサーバーのプラン比較

ぶっちゃけX10で十分です。

一応主要な機能の違いの比較を出しておきます。

 

機能/項目 X10 X20 X30
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円
月額費用 900円〜 1,800円〜 3,600円〜
ディスク容量 200GB(SSD) 300GB(SSD) 400GB(SSD)
転送量 70GB/日 90GB/日 100GB/日
キャンペーン特典※1
プラン別特典※2 ×
データベース(MySQL) 50個 70個 70個
自動バックアップ機能 無料 無料 無料
メールサポート
電話サポート

 

※1. キャンペーン特典は2020年1月時点での場合です。

ドメインが一つ無料でプレゼントされます。エックスサーバー契約期間中は更新料もずっと無料です。

 

※2. プラン別特典では「.jp」や 「.com」、「.net」、「.info」や「.org」などのドメインを一つ無料でプレゼントしてもらえます。

エックスサーバー契約期間中は更新料もずっと無料です。

X30では「.co.jp」や「.ne.jp」、「.or.jp」「.gr.jp」なども選べます。

 

エックスサーバーと他のレンタルサーバーとの比較

WordPress初心者の方へおすすめのレンタルサーバーという事で、WordPressを運営する事を前提に他のレンタルサーバーと比較してみました。

 

個人的に大事だなと思う部分には、黄色いマーカーで色を付けてあります。

 

サーバーによっては、一番安いプランではWordpressを運営出来ない為、運営可能な一番安いプランでの比較です。

具体的にはデータベース(MySQL)が設置出来るか、または何個設置出来るかです。

例えばMySQLが一つしか設置出来ない場合、サーバーで管理出来るWordpressサイト、またはブログは一つだけになります。

50であれば50個のサイトを持つ事が出来ます。

 

機能/項目 エックスサーバー
mixhost ロリポップ さくらインターネット
プラン X10 スタンダード ライト スタンダード
初期費用 3,000円 無料 1,500円 1,048
月額費用(年払い等、契約期間の長さで変動) 900円〜 880円〜 250円〜 436.5円〜
お試し期間 ○(10日間) ○(10日間) ○(10日間) ○(14日間)
ディスク容量※1 200GB(SSD) 200GB(SSD) 50GB(HDD) 100GB(HDD)
転送量※2 70GB/日 3TB/月 60GB/日 80GB/日
無料SSL
データベース(MySQL) 50個 無制限 1個 20個
マルチドメイン(独自ドメイン) 無制限 無制限 50個 100個
サブドメイン 無制限 無制限 ドメイン毎に300個 マルチドメイン数と合わせて100個を超えない数まで可能。
メールサポート対応 ○(24時間365日)
電話サポート対応 × ×
無料自動バックアップ機能 ○(データ引き渡しは有料 ×(有料月額のオプション有 △(有だが使い勝手は良くない。)
WordPress簡易インストール
メールアカウント 無制限 無制限 10件(独自ドメインであれば無制限) 無制限
メーリングリスト 20件まで 無制限 5件まで 10件まで
メールマガジン※3 10件まで × 5件まで ×
送信制限 1,500通/時間

15,000通/日

1,500通/時間

15,000通/日

300通/時間

3,000通/日

100通/15分毎

10,000通/日

マッチング、出会い、アダルト系 × × △(マッチングアプリなどの健全な出会い系などは可能)

 

※1. ディスク容量とは、サーバーにファイル、データなどを保存出来る容量の事です。

HDDよりもSSDの方が早く、ハイスペックになります。

 

※2. 転送量とは、閲覧数(PV数)が増えてきた時に、どのぐらいのアクセスに耐えられるかです。

ここの容量が少ないと突発的な集中アクセスによって、サイトにアクセス制限がかかってしまう事もあります。

初心者の方はそこまで気にしなくても大丈夫だと思います。

 

※3. メーリングリストの機能を利用してメールマガジンの配信をする事も可能です。

メールマガジン配信を考えている方は、送信制限の方が重要ですよ。これが強いのはエックスサーバーとmixhostですね。

もちろんプランを上げたらまた状況は変わりますが。。

WordPress初心者にエックスサーバーがおすすめな理由まとめ

WordPressやサーバーの事などにあまり詳しくない方や、これからサイト、ブログを始めようという方には細かい事はよく分からないと思います。

結論から言うと、初心者の方は「エックスサーバー」にしておけば間違いないです。

プランは「X10」で十分です。

 

言い方を変えるとエックスサーバーにしておくのが安心です。

 

理由は以下。

・安定性とサポート。

・独自ドメインの設定が簡単。

・困った時の駆け込み寺、自動バックアップ機能。

ネット上での情報が多いからググれば大体の事は解決する

 

対抗馬として比較されるmixhostですが、こちらは多少慣れている方向けです。(index ofや独自ドメインの設定などは自分でやる必要があります。)

最近はmixhostの情報も沢山ネット上にあがっているので、大抵のことはなんとかなると思いますけどね。

安心のエックスサーバーか、mixhostか。

どちらにしてもいい選択だと思います。

 

ちなみに僕は一番初めにロリポップ。(htmlサイト管理)

次にWordpressを始めた段階でエックスサーバーに移行。

今はmixhostに移行しました。

 

たまにサイト作成のお仕事で契約するレンタルサーバーはエックスサーバーがほとんどですね。

 

やっぱりみんな使っている安心感と安定性、信頼がありますからね。

 

まとめ

・レンタルサーバーをどこにしようか迷っている初心者の方は、まずはエックスサーバーで慣れてみたらどうでしょうか?

もちろんそのままずっと使っていけるハイスペックのサーバーです。

エックスサーバーでWordPressブログの始め方

 

・中級者以上の方にはmixhost

・安くサイトを管理、制作して遊びたいという方にはロリポップさくらインターネットがおすすめです。

 

・初心者や慣れていない方で安心して運営したい〜上級者の方まで

エックスサーバー

・中級者以上の方向け

mixhost

・なるべく安く維持したい方向け

ロリポップ

さくらインターネット

 



 

今日は以上です。

 

良いパソコンライフを♪

-Wordpress
-,

© 2020 mitanote